どんな準備を小学校受験では必要とするのか

小学校受験する際、ただ受験をすれば合格できるわけではないので、十分な対策と準備をしなければなりません。子どもから受験したい、この小学校に通いたい、という意見はなく、親自身が導くことになります。だから、子どもは分からない状態で受験することになります。これは子どもにとって未知の領域であり、何をすべきなのかが分からないものです。だから、子どもに小学校に通うこと、そのためには受験というものがあることを伝えましょう。そして、それを乗り越えることでどうなるのかについても教え、より良い人生を歩めるように導きましょう。ただし、受験に対して少しでも嫌な気持ちになったのであれば、子どもの意志を尊重し、普通の公立校へ通わせなければなりません。受験そのものは特別難しいものではなくても、面接で子どもの本音が見抜かれる可能性があるので注意です。

子どもの受験モードにしなければならない

子どもが小学校に通うための準備をすることは必須であり、当たり前のことでもあります。ですが、小学校受験の場合は話が別で、『受験とは何か?』について子どもに伝える必要があります。わざわざ受験し、良い小学校に通うメリットが何か、それを子どもに理解してもらい、通ってもらわなければなりません。この点を考慮すると、子どもに受験についてしっかりお話をし、その小学校を通うことで得られる人生を想像させましょう。それによって、子どもは受験モードとなり、頑張ってくれます。子どもの意志が大切なので、親だからと押し付けるような言い方をしないよう注意しましょう。なるべく子どもの不安を取り除いてあげ、挑戦する意志を持ってもらうと良いです。新たな経験をすれば、結果に関係なく成長できるので、しっかり導きましょう。

合格できるように協力しなければならない

小学校受験について、場所にもよりますが、筆記試験や面接が用意されています。だから、通ってほしい小学校の情報を十分に集め、受験するために必要なことをまとめなければなりません。その上で対策し、子どもと二人三脚で取り組みましょう。子どもにあれこれ命じ、勝手に頑張らせるような状況だけは避けなければなりません。そして、そのために親自信も必死で取り組み、一緒に受験を乗り越える体制を整えましょう。また、面接がある場合は重視されるので、質疑応答や落ち着く練習が必要です。嘘を言うのではなく、本当のこと、本音で回答するように伝えましょう。態度に関して、面接時は落ち着かなければならないと教えて上げ、模擬面接を実施すると良いです。あらかじめ慣れておけば、子どもは臆することなく挑戦できるので、入念に準備しましょう。